痴漢にあいたい・・・。痴漢願望のある女性にオススメしたい痴漢にあう方法

痴漢にされたい。
痴漢に遭いたい。

なんて願望をお持ちではありませんか?

痴漢が狙う女性には特徴があります。

なので、その特徴に合わせたメイクや服装をするだけで、痴漢に遭う確率はグッと上がります。

また、電車の中で痴漢に遭いやすい場所もあります。

そこで今回は、今回は痴漢願望をお持ちの方向けに、主に電車内で痴漢にあう方法を紹介します。

あ、でも痴漢冤罪には利用しないでくださいね? 笑

→ 痴漢サイトで痴漢プレイ募集する方法はこちら

電車で痴漢に狙われやすい条件って?

電車の中で、痴漢に狙われやすい条件は以下の通りです。

  1. 混雑する区間
  2. 朝夕ラッシュor終電
  3. ホームの階段や改札口に近い車両
  4. 車両内ドア付近or車両連結部分
  5. スカート(生足)
  6. 両手がふさがっている女性

1.混雑する区間

車内が混雑しているほど、痴漢に狙われます。

これは、混雑度が酷い埼京線が痴漢件数トップであることからも、間違いありません。

そして、電車の路線は、混雑する区間がある程度決まっています。

  • ベッドタウン⇔工業区
  • 大都市間

などですね。

ですので、痴漢に遭いたいなら、なるべく混雑する区間で乗車するようにしましょう。

2.朝夕ラッシュor終電

朝と夕方のラッシュ時間帯、そして終電も痴漢に狙われやすいです。

先述しましたが、痴漢にあうためには、車両内が混雑していなければなりません。

朝や夕方のラッシュ時は最も混雑する時間帯なので、痴漢にあいたいなら朝夕ラッシュを狙いましょう。

また、終電や遅い時間帯の乗車もオススメです。

この時間帯は、強制わいせつ罪の件数が増える時間帯です。

飲酒によって理性が消し飛ぶ男性が増えるので。

というわけで、

  • 朝と夕方のラッシュ時間帯
  • 終電、もしくはそれに近い時間帯

以上の時間帯に乗車すると痴漢に狙われる可能性がグッと上がります。

3.ホームの階段や改札口に近い車両

痴漢の多い車両は、ホームに着いたときに階段に近いor改札口に近い車両です。

これは、痴漢が逃げやすい車両だからです。

痴漢って実は巧妙に痴漢計画を練っており、自分の痴漢する路線の駅、その全ての構内図などを頭に入れています。

いつ、どこで、何かあっても逃走できるように準備しているのです。

ですので、電車に乗るときは次の駅で、

  • 階段に近い車両
  • 改札口に近い車両

以上の条件に合う車両に乗車してみてください。

4.車両内ドア付近or連結付近

車両内で痴漢にあいやすい場所は、

  • ドア付近
  • 連結部分付近

であることが多いです。

ドア付近は、車両内で最も混雑する場所で、なおかつ痴漢が逃げやすい場所です。

連結部分では、周囲に痴漢がばれにくいため、痴漢にあう確率がアップします。

なので、痴漢にあいたいのであれば、車内では「ドア付近」もしくは「車両連結部分の近く」に移動しましょう。

5.スカート(生足)

次に、痴漢にあいやすい服装について、一番オススメなのがスカートを生足で穿くことです。

できればミニがいいですが、めくりやすい長さであれば構いません。

生足もポイントですね。

痴漢がスカート内に手を入れてきたときに、パンストを履いていると秘部を直接触ることができないので、パンストを破るor諦めるのどちらかです。

さすがにパンストを破ってまで侵入してくる痴漢は稀なので、できれば生足で電車に乗り込みましょう。

ニーソとかもいいですね。痴漢がより興奮します。

6.両手がふさがっている女性

両手が荷物などでふさがっている女性や、片手吊り輪でもう片方が荷物を持っている女性は、けっこう狙われる傾向にあります。

視覚的にも、抵抗されにくいと思いますからね。

なので、痴漢希望であれば、何かしら荷物を持参するor両手で吊り輪を掴んでみてください。

痴漢にあいやすい条件まとめ

今回は痴漢にあいたい女性に向けて、痴漢にあいやすい条件を紹介しました。

  • 混雑の激しい区間
  • 朝夕ラッシュor終電
  • ホームの階段や改札口に近い車両
  • 車両内ドア付近or車両連結部分
  • スカート(生足)
  • 両手がふさがっている女性

以上のポイントを実践してもらえれば、痴漢ホイホイの如く痴漢が寄ってくるはずです。

ただし、痴漢は犯罪です。

そして痴漢する男は犯罪者です。

犯罪者に身を委ねるのは、私個人的にはあまりオススメしません。

できれば、公安委員会公認の安心できるサイトで痴漢希望の旨を書いて痴漢募集したほうが、より安全に痴漢プレイを楽しめるはずですよ。

→ 痴漢サイトで痴漢募集するならこちら

コメント